こだわりの無垢材

亀匠の無垢材とは

亀匠の無垢材

特別な住まい作りを可能にする、亀匠の無垢材

亀匠には樹齢300年以上で、直径1メートル以上ある原木を製材し、長期間天然乾燥した木材が数十種類あります。
一本の原木で柱を数十本取ったり、一部屋の化粧材を一本の木で揃えたり、数種の木を組合せて使ったりと、自分なりの特別な住まいづくりをすることが可能です。

木材の種類(全て天然乾燥材)

『仕事は面にあり』と言う言葉があり、種類や大きさの違う角面を取ることが、昔から用いられて来ました。色々な角面を取るには無垢材が最適であり、この技法により京都の繊細で優しさを備えた、独特の住まいをつくることが出来ます。
当社は、今では貴重となった木材とそれを活かした住まいづくりを、今後も目指して行きます。

角面の種類と取り方

吉野桧・吉野杉とは

吉野桧・吉野杉

色艶が良く香りが大変よい材で、歳月を重ねるほどにツヤが増してきます

吉野桧・吉野杉は、奈良の吉野地方を産地とし、日本三大美林の一つに数えられています。
苗木を植えて育てた人工林で、始まりは500年以上前の室町時代とされています。その後樽丸の需要が増え生産が本格化しました。豊臣時代以後建築用材としても利用され、京都でも大正時代以後北山丸太と共に、高級造作材として使われ、戦後は、数寄屋建築や茶席そして高級住宅などに多く使われてきました。
特徴としては、年輪幅がほぼ一定で密であるため強度が高く、節が少なく真直ぐな材です。さらに色艶が良く香りが大変よい材で、歳月を重ねるほどにツヤが増してくるのも吉野材のすばらしい魅力です。
現在は北山丸太と同様、需要が減っています。

Contents

  • TOP
  • 亀匠について
  • こだわりの無垢材
  • こだわりの家
  • モデルプラン
  • ギャラリー
  • お問い合せ