こだわりの家

既存建物解体後に地盤調査をおこなった結果、地盤改良工事が必要な土地でした。
今回は柱状改良工法を採用いたしました。
柱状改良工法とは、軟弱地盤が2メートル以上8メートル以下の場合に用いられる方法で、地盤の中にコンクリートの柱を造ってしまう工法です。
既存土地
既存土地
既存土地

Contents

  • TOP
  • 亀匠について
  • こだわりの無垢材
  • こだわりの家
  • モデルプラン
  • ギャラリー
  • お問い合せ